iPadをパソコンにミラーリングする簡単な方法

前回更新 2016/08/01 更新者

技術の発展につれて、iPadのパフォーマンスが普通のパソコンほど優れています。結果として従来のコンピュータの代わりに、持ち運びやすいiPadを利用する人がますます多くなります。ところが、動画デモを作成したい、iPad画面をより大きな画面に表示したい場合には、PCは相変わらず必要です。
iPad画面をPCに表示できるソフトは多くありますが、高画質ですくすくとミラーリングできるのは少ないです。それで、今回は使い勝手のいいiPadミラーリングソフトを紹介致します。

1. 一番オススメのiPadミラーリングソフト

2. 他の好評のあるソフト

iPad画面をPCに映すことができる専門ソフト

Apowersoft iPhone/iPad画面録画究極は高く評価されてユーザが非常に多いです。それを使って、iデバイスをパソコンに無線で表示できます。iPadで操作すると、全ての操作画面及びiPadで流れる音声もPCにリアルタイムに出力します。それで、アプリの使い方や特長を紹介する動画デモの作成にぴったりです。

iPadミラーリングの他に、当ソフトには画面録画とスクリーンショット撮影機能も搭載されています。それにより、ゲーム実況の録画などが可能です。対応できるiOSバージョンはiOS 7及びそれ以降です。Apowersoft iPhone/iPad画面録画究極の使い方は以下の通りです。

設定

  • まず、下記ボタンをクリックしてソフトをパソコンにダウンロードしてインストールします。その後、立ち上げます。

    無料ダウンロード

  • ソフトの「オプション」で画質、解像度などの設定をします。
  • パソコンとiPadを同じWi-Fiに接続します。iPad画面を下から上へスワイプしてコントロールセンターで「AirPlay」をクリックします。
  • お使いパソコン名のPC画面アイコンをタップして「ミラーリング」をオンにします。
  • その直後にiPad画面がパソコンに表示されます。

airplayミラーリング

小技iPad画面を動画として録画したい場合、オプションでオーディオ入力、出力形式などの関連設定をした後、ソフト画面上の赤丸ボタンを押すと、録画が開始されます。iPadスクリーンショットを撮るには、録画ボタンの右側のカメラアイコンを押します。それで、画面がPNG形式で保存されます。

録画中

他のiPad画面をPCに出力できるソフト

1. iTools

多くのユーザにとって、iToolsはiPad画面をPCに出力する信頼性の高いソフトです。安定的なWi-Fiネットワーク経由で、 iPadでの操作はPC画面にリアルタイムに映します。より大きな画面で映画を見たりゲームをプレイしたりすれば、その体験がすごいです。ネットワーク接続が無い場合、USBケーブル経由でiPadをパソコンに接続できます。

特長:無線ネットワーク接続とUSB接続の両方に対応、iOS 9に対応

itoolsでiPadをPCに表示

2. Reflector

ReflectorもiPadミラーリングができるソフトです。ケーブルの代わりに、AirPlay経由でiPadをPCにミラーリングします。デモ、チュートリアル、映画又はゲームプレイをより大きな画面に表示できます。同時に複数のiデバイスの画面を表示できます。それらの画面は簡単に選択して切り替えできます。最新のiOS 9に対応できます。更に、当ソフトには放送機能が搭載されます。それで、iPad画面をYouTubeに直接ストリームしてリアルタイムに動画を発表できます。

特長:無線接続に対応、iOS 9に対応、リアルタイム放送機能

reflectorでiPadをPCに表示

まとめ

AirPlay技術を利用し、上記のプログラムは全てiPad画面をPCに表示でき、ユーザは自分のiデバイスをパソコンに無線で接続できます。その3つのツールのうちに、Apowersoft iPhone/iPad録画究極は優れたパフォーマンスと強力な動画録画とスクリーンショット撮影機能で高い人気を集めています。

評価: 4.3 / 5 (合計63人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
投稿者 関連カテゴリ:画面録画ソフト前回更新 2016/08/01

コメント 0 コメント

お名前をご入力ください!
レビューの詳細をご入力ください!

コメント (0)

サポート
レビュー
共有
コメント
トップに戻る